半永久染毛料

染毛剤として従来から一般的な製品として永久染毛料というものがありますが、ほかにも半永久染毛料という分類の製品が販売されています。いわゆる酸性染毛料が「半永久染毛料」と分類されているのですが、永久染毛料より種類が多く、パッチテストが不要で利用できるということが最も大きな特徴で、ある程度の色持ち期間が長く頭皮や毛髪へのダメージが少ないということが半永久染毛料にはいえます。

 
製品分類から半永久染毛料をわかりやすく説明すると「ヘアカラー」や「酸性カラーリング剤」と表記されているものがこれにあたります。ただ、注意が必要な点に、半永久染毛料は皮膚への着色の可能性があり、一度着色してしまうととれにくいというデメリットがあります。

 
髪を染めるというときに染毛料をどのような基準で選ぶかによってどんな製品を利用するかということは非常に重要な点であることは間違いないので、ぜひ染毛を検討するときはチェックしてみてください。
ちなみに染毛に関して半永久染毛料は黒髪を明るい色に染めるということに関しては適しておらず、明るい色に染める場合は永久染毛料が適しているといえます。