ヘアカラーの特徴

基本的に、白髪染めはヘアカラーの一種といわれています。黒髪を染める場合はヘアカラー、白髪を染める場合は「白髪染め」とされていると考えてください。ヘアカラーは、「永久染毛剤」ともいわれていて、髪の内部にまで浸透し、色を定着させる薬剤となります。

 

◆メリット
髪 の内部にまで浸透し、髪を一旦ブリーチ(脱色)してから染料で染めるため、効果が出やすく、きちんと染めることができれば長持ちします。クリームタイプ、 ジェルタイプ、液状タイプなどがあり、使いやすいものを選ぶことができます。白髪染めと同時に髪色全体を明るくするなど、本来のヘアカラーの役目も果たし てくれます。

 

◆デメリット
効果が高い分、刺激も強いため肌や髪に負担となることがあります。デリケート肌の人やアレルギー体質の方、髪が 傷んだ状態の方は使用に注意が必要です。また、髪の内部まで染めることは可能ですが、生えてくる毛に対しては効果がないため、2~3ヶ月後には髪が伸びた 分だけ根元だけ白くなってしまいます。そのため、定期的なケアが必要です。一般的には、薬剤2種を混ぜて使うものが多いため、手間がかかるというデメリッ トも。
その点、天然由来成分を使ったものや混ぜる必要のないタイプはおすすめです。