ヘアカラーについて

ヘアカラーは、医薬部外品としての染毛剤と化粧品である染毛料とにわけることができるのですが、
どのように違うのかというと、用途として染毛料はヘアカラーとして一時的な染毛のために使われるのですが、
染毛剤に含まれているジアミン系の染料にアレルギーを持つ方は白髪染めでも染毛料を使うという方もおられます。

 

また染毛料は肌へのダメージが少ないことが特徴なのですが、色落ちする可能性が染毛剤よりも高くなります。
つまり、ヘアカラーは肌の強さと染毛の持続期間とのバランスを考えて染毛料と染毛剤を使い分ける必要があります。

 

ただ、近年では医薬部外品のヘアカラーでも白髪染めなどの商品については、
肌へのダメージが少ない商品も出ており、ダメージについては染毛剤と染毛料での差はあまりなくなっています。

 

いわゆる天然染毛剤というもので化学染料を使わないタイプの製品がダメージを伴わないヘアカラー製品として知られています。
ヘアカラーはどうしても髪と肌を痛めるというイメージが強かったですが近年では上記のような製品が主流になったことで、髪にダメージを与えることなく染毛することができる環境がととのっているといえます。

 

ヘアカラーの髪へのダメージが気になって今まで利用を控えていたという方はぜひ近年の商品をチェックしてみてください。