ヘアカラーの原理

頻繁にヘアカラーを利用している方も実際にはどのようにして髪が染まっていっているのかということが気になっている方も多いと思うのでその辺りを少し説明したいと思います。

 
一般的によく利用されている永久染毛剤ヘアカラーの原理を説明すると、酸化染料を用い髪の内部にあるメラニン色素を分解して染料と合わさることによって、発色し、分子が結合することで髪の外部への脱出を防ぐというのが簡単なヘアカラーの原理で、いわゆる半永久染毛料というものは上記の酸化染料の部分が酸性染料にかわります。

 

何が違うのかというと、分子の大きさが異なっており、あまり髪の内部へと侵入しないため、酸化染料に比べて染毛の持続性が低いという特徴があります。ただ、ジアニン色素が含まれていないためパッチテスト等でアレルギー反応が出た方でも利用できるというメリットがあります。ヘアカラーの原理としては永久染毛剤も半永久染毛剤もほとんど同じといえます。

 

ただ、脱色剤についは、染毛剤とは異なりメラニンを脱色させるという段階でとまり、染料との結合がないということがヘアカラーの原理です。