Archive for the ‘未分類’ Category

女性の薄毛治療

頭髪が薄くなってきたことに悩んでいるのは男性だけでなく女性もだといいます。薄毛の治療法は存在するでしょうか。女性の薄毛は男性ほどではありませんが、患者数が増加しているそうです。ただし、男性と違って、女性の薄毛は頭髪が全体的に抜けてしまうということではないようです。

 

頭の上の方から抜けてくるのが、女性の特長です。主に加齢によって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になることが原因だといわれています。閉経になる更年期から女性の薄毛が増加するようです。男性と肩を並べて働き、ストレスを蓄積している女性も多いといいます。過度のダイエットにより、栄養不足となっている若い人が薄毛になってしまうケースもあるといいます。男性と女性の薄毛治療で違うことは、男性の場合は薄毛治療によく使われるプロペシアが、女性は服用できないというところです。

 

薄毛の治療には効果がある薬ですが、女性が摂取すると副作用が出ることがあります。妊娠している時や、授乳している時は特に危険だといいます。女性の薄毛治療の場合には、内服薬ではなく、外用薬や注射で頭皮下に直接薬剤を注入する薄毛の治療法が行われています。女性専門の薄毛治療クリニックも最近はたくさんあります。薄毛に悩んでいる女性は、一度病院での治療を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

薄毛対策の注意点

年齢を重ねることによる薄毛に対しては、有効な対策を立てるのは困難です。薄毛の程度を多少抑えることは誰にでも可能です。薄毛対策の基本は、正しい洗髪と血行を良くすることと言われています。しかし、薄毛対策を誤ると、逆に頭皮にダメージを負わせることになってしまいます。薄毛対策に効果がある道具や、抜け毛対策に有効な洗顔剤なども販売されていますので、試してみてくたさい。

 

薄毛対策として育毛剤を使う場合には、育毛剤の成分によって効果にも違いがあります。あらかじめある程度、内容を調べておくことが大切です。育毛剤は一般的に再び毛が生えてくるような発毛効果のある商品と、抜け毛を防ぐことを目的としている商品があります。育毛剤選びでは、自分が必要としているものを選びましょう。自分の肌に合った育毛剤を選ぶことも、薄毛対策の重要なポイントの1つになります。肌が刺激に弱い人は、地肌に育毛剤を直接つけるようなものは避けたほうがいいといいます。

 

お肌の状態が悪化することによって、毛が再生しづらくなる場合もあります。メンタル面の不調が、髪の状態に影響を及ぼす場合もあります。さまざまな薄毛対策の商品がありますが、効果が出るには最低でも3か月程度かかることが多いようです。薄毛対策商品は結果を焦らず、根気よく使い続けることも大切になります。

 

 

 

 

薄毛の程度と対策方法

頭髪が減ってきて、薄毛を改善したいと考えたならば、どんな対策を取ればいいのでしょうか。抜け毛や薄毛の対策方法はいくつかあります。頭皮の血流をよくすることで、毛根に栄養を送るというやり方があります。血行をよくすることは、抜け毛予防の意味もあります。

 

男性の場合、加齢に伴いどうしても薄毛になっていくものです。最近は20代のような若いうちからにすでに薄毛に悩む人も多く、ホルモンやストレスとの関係も指摘されています。若いうちに薄毛になった場合、適切な対策方法を講じることによって、改善することもあります。髪がどんどん抜け落ちてしまうと、なかなか元には戻れなくなってしまうのが現状です。薄毛対策が必要かどうかを判断するには、一日に何本毛が抜けているかを調べるのが手っとり早いと言われています。

 

一日で抜ける毛が70本より多い人は薄毛傾向が強いと考えられますので、対策を取るべきのようです。実際1日の抜け毛の本数はわかりにくいので、数えるよりもむしろ抜け方の方が重要なのかもしれません。一般的に洗髪した時に排水溝に髪の毛がどんどんたまって、日々増えていくようであれば本格的な薄毛対策をはじめた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

早めに薄毛対策を

antiaging500

 

年を取ると、薄毛対策に頭を悩ませる人が少なくないようです。もともと人間の髪の数は、男女問わず個人差があるものですが平均すると多い人で大体15万本程度。薄毛が気になりはじめたという人でも、頭髪は10万本は生えているようです。髪は5年から7年で抜けます。生え始めた直後はしばらく伸びますが、やがて止まります。半年程度でまた新しい毛が生えてくるので、一般的には抜け毛を気にする必要はありません。

 

加齢と共にホルモンのバランスが変わり、だんだんと発毛のサイクルが崩れていくので次第に新しい毛が生えてこなくなることも。これが、頭髪が少なくなる理由です。薄毛が気になる人の場合、新しい毛が生えてこなくなる前にあらかじめ対策をとることが大切です。早いうちに行ったほうが薄毛対策効果は現れますので、少し早いくらいのうちから着手してください。

 

年を取って体の内部に変化が生じたことが、薄毛に密接に関わっていることが多いようです。それ以外にはストレスやホルモンがあります。薄毛が始まると、もう元には戻れないことも多いので、できるだけ体調を整え必要以上にストレスを抱えないことが薄毛対策にもつながります。合わせて正しい洗髪を行い、頭皮の血行を良くするだけでも薄毛対策に効果があります。

 

 

 

ヘアカラー利用時の注意点

ヘアカラーの利用を検討しているという方にはぜひ頭にいれておいて欲しいことがあります。
「ヘアカラー利用時の注意点」としてほとんどの方が知っているジアニン色素に関するアレルギーをチェックするためのパッチテストですが、多くの方が面倒を回避するためにパッチテストを行わずヘアカラーを利用しています。その結果、皮膚の炎症やハレが発生してしまい通院しなくてはならない状態になってしまう方がおられます。

 

「ヘアカラー利用時の注意点」としてパッチテストはよくさけばれていますが、きちんとテストすることでテスト結果が陽性であった場合には半永久染毛料の使用という選択肢もあるのできちんとパッチテストを行うということを守ってください。

 

また、「ヘアカラー利用時の注意点」として自宅でヘアカラーを行う場合には温度管理が非常に重要で狙った色にしたいという場合には室温20度~28度程度で利用するということに注意してください。冬場や深夜など温度が低い時間や季節に利用するといつも使っているヘアカラーでも全然染まらないということもありますよ。
この温度管理はヘアカラー利用時の注意点としてキレイに染めたい方には必須のポイントです。

 

 

ヘアカラーの染め直し時期

ヘアカラーを検討する際にコストパフォーマンスを考えるならば、ヘアカラーの染め直し時期というものは非常に重要な要素となります。一般的な永久染毛剤などに関しては3ヶ月程度持続することから、コストパフォーマンスがよく、染め直しの手間がかからないことが特徴ですが、髪へのダメージが大きいということに注意が必要になります。

 

続いて半永久染毛剤という分類ではヘアカラーの染め直し時期は約1ヶ月程度とされており、毎月染め直しが必要となり面倒ですが、髪へのダメージが少ないといことが特徴になります。また、一時染毛料に関してはシャンプーで落ちてしまうので、必要な時に染め直しが必要となることはおわかりだと思います。

 

ヘアカラーの染め直し時期はその染毛をするための製品のタイプによって異なるということがおわかりでしょうか?ただ、半永久染毛剤のようなヘアマニュキュアに関しては日々少しずつ色落ちが発生するので微妙な変化が気になるという方で半永久染毛剤を利用するという方は3週間程度で染め直しを行うということお勧めしたいと思います。

 

 

ヘアカラーと髪の傷み

ヘアカラーというと、ブリーチタイプやマニュキュアタイプ・酸性カラーリングタイプ・トリートメントタイプなど様々なタイプがありますが、ヘアカラーと髪の痛みについて少し解説したいと思います。

 

通常ヘアカラーといった場合には永久染毛剤がなじみが深いですが、この永久染毛剤は長期間色落ちしない反面ヘアカラーと髪の痛みに関しては特に注意が必要になります。ヘアカラーとしての永久染毛剤は、髪の内部まで酸化染剤が入りこむことで長期間の色の持続をみこめますが、たんぱく質の結合を弱めるとされており、髪の痛みが大きいことが特徴です。

 

アレルギーの有無によって永久染毛剤か半永久染毛料か選んでいる方も多いですが、ヘアカラーと髪の痛みに着目すると、髪の内部にまで染料が入り込むため永久染毛剤がより髪の痛みを発生させるといえます。
また、脱色剤などは酸化染剤が使われていない反面、メラニン色素を分解した後それを補う成分が配合されていないため、髪の空洞化を起こし乾燥することで通常よりも髪の毛が痛むということが報告されています。

 

近年は永久染毛剤や脱色剤でも髪の痛みを保護することに特化したタイプのものも製造されていますが、ぜひアレルギーだけではなくヘアカラーと髪の痛みにも着目して髪を染めるということを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ヘアカラーの原理

頻繁にヘアカラーを利用している方も実際にはどのようにして髪が染まっていっているのかということが気になっている方も多いと思うのでその辺りを少し説明したいと思います。

 
一般的によく利用されている永久染毛剤ヘアカラーの原理を説明すると、酸化染料を用い髪の内部にあるメラニン色素を分解して染料と合わさることによって、発色し、分子が結合することで髪の外部への脱出を防ぐというのが簡単なヘアカラーの原理で、いわゆる半永久染毛料というものは上記の酸化染料の部分が酸性染料にかわります。

 

何が違うのかというと、分子の大きさが異なっており、あまり髪の内部へと侵入しないため、酸化染料に比べて染毛の持続性が低いという特徴があります。ただ、ジアニン色素が含まれていないためパッチテスト等でアレルギー反応が出た方でも利用できるというメリットがあります。ヘアカラーの原理としては永久染毛剤も半永久染毛剤もほとんど同じといえます。

 

ただ、脱色剤についは、染毛剤とは異なりメラニンを脱色させるという段階でとまり、染料との結合がないということがヘアカラーの原理です。

 

 

ヘアカラーとアレルギー

ヘアカラーとアレルギーとの関係について安易に考えている方が多数いらっしゃいます。
永久染毛剤などではパッチテストが付属しているにもかかわらず利用せずに、皮膚炎やハレなどの症状が発生し病院への通院を余儀なくされるという方が増えています。

 
ヘアカラーとアレルギーの関係に関して永久染毛剤といわれる製品に関しては医薬部外品であり必ずパッチテストついているので必ず利用するということを心がけてください。日本製の製品は規制が強いためアレルギー物質の使用が制限されているのですが、それでも多くの方がヘアカラーのパッチテストを行わずアレルギーによる症状を発生させています。

 
このアレルギーを発生させる大きな要素として、「ジアミン色素」とよばれる物質が関係しており、ジアミン色素自体が害があるというわけではないのですが、ヘアカラーにおける永久染毛剤などにはこのジアミン色素が含まれておりこの成分が人によってアレルギー反応を起こすと発表されています。

 
もし、自身のジアミン色素に対する抗体反応を自覚していないという方がおられたら、必ずパッチテストを行って結果をみてから染毛することにしてください。このパッチテストを行うことでヘアカラーによるアレルギー症状を発生させる危険性を減少させることができますよ。

 

 

脱色剤

a1180_005270

 

髪の色を変えるという選択肢の中で大多数が染毛料を扱って行うということが一般的ですが、脱色剤という分類の製品があることをご存知でしょうか?

 

「脱色剤」はいわゆる染毛剤のように髪の毛を染めるという製品ではなく、髪の色を脱色することで髪の色を変化させることができる製品で、脱色剤の中には一気に脱色させるものや毎日少しずつ脱色させる製品などが販売されています。

 

このような脱色剤は「ブリーチ剤」ともよばれており、酸化する染料が含まれていないため、肌のかぶれ等を防止することができます。これは、毛髪に含まれているメラニン色素を脱色させることによって明るい髪へと変えることができるということです。

 

ちなみに脱色剤については毛髪だけの利用だけではなくむだ毛やすね毛等の処理用にも製品として製造されています。今までいわゆる染毛料でのみ髪の色を変えてきたという方も脱色剤という髪の色を変える手段もぜひ
選択肢のひとつにいれてみてください。

 

また、似たような製品に脱染剤というものがありますが、こちらは脱色剤の分類に入りイメージ的にはより脱色する力が強い製品といって間違いないと思います。