ヘアカラーとアレルギー

ヘアカラーとアレルギーとの関係について安易に考えている方が多数いらっしゃいます。
永久染毛剤などではパッチテストが付属しているにもかかわらず利用せずに、皮膚炎やハレなどの症状が発生し病院への通院を余儀なくされるという方が増えています。

 
ヘアカラーとアレルギーの関係に関して永久染毛剤といわれる製品に関しては医薬部外品であり必ずパッチテストついているので必ず利用するということを心がけてください。日本製の製品は規制が強いためアレルギー物質の使用が制限されているのですが、それでも多くの方がヘアカラーのパッチテストを行わずアレルギーによる症状を発生させています。

 
このアレルギーを発生させる大きな要素として、「ジアミン色素」とよばれる物質が関係しており、ジアミン色素自体が害があるというわけではないのですが、ヘアカラーにおける永久染毛剤などにはこのジアミン色素が含まれておりこの成分が人によってアレルギー反応を起こすと発表されています。

 
もし、自身のジアミン色素に対する抗体反応を自覚していないという方がおられたら、必ずパッチテストを行って結果をみてから染毛することにしてください。このパッチテストを行うことでヘアカラーによるアレルギー症状を発生させる危険性を減少させることができますよ。